ニュース

ニュースリリース

2008年11月11日NEWS

キャナルシティ博多の「森のシャンデリア」が2008年度グッドデザイン賞を受賞しました。

キャナルシティ博多のクリスマスインスタレーション 「森のシャンデリア」が、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2008年グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞いたしました。この「森のシャンデ リア」は、デザイナー トード・ボーンチェによる日本初の大型インスタレーションで、昨年に引続き、キャナルシティ博多のクリスマスキャンペーン「クリスマスファンタジア」のメ インオブジェとして、11月8日(土)〜12月25日(木)まで公開されています。
今回のグッドデザイン賞では特に、個性的な造形と省エネルギーへの配慮が高く評価されました。

※インスタレーション
現代美術の手法のひとつ。作品を単体としてではなく、展示する環境と関連づけることによって構想し、その総体を一つの芸術的空間として呈示すること。また、その空間

【グッドデザイン賞(Gマーク)とは】

「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。

以上

■本件に関するお問い合わせ
福岡地所株式会社 キャナルシティ博多事業所
〒812-0018 福岡市博多区住吉1-2-25 電話:092-282-6380